3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

調布で演劇体験「せんがわワークショップフェスティバル」 オンラインレッスンも

せんがわワークショップフェスティバル2020

せんがわワークショップフェスティバル2020

  • 22

  •  

 「せんがわワークショップフェスティバル2020」が8月4日から、調布市せんがわ劇場(調布市仙川町1)で開催される。

 公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団が主催し、演劇や歌、ダンス、アートなどのワークショップを同劇場およびオンラインで実施。会期は、8月4日~11日、9月7日~13日、11月1日~8日の3つに分け、参加者は全11種類のプログラムから好きなものを選んで参加できる。

[広告]

 8月のプログラムは、ドイツのオペラ歌手講師による歌のレッスン「レッツ★シング!心の扉を開こう!」と、「感じたことを自分の言葉にするための演劇講座」で、どちらもオンラインで開催。9月は、日常を離れて演劇を楽しむ「演劇体験でストレス発散!」、アートを楽しむためのコツを考える「アートってなんだろう?~Art?Thinking!~」、55歳以上を対象にしたダンス講座「路上のからだ。ソケリッサ!と踊る。」、台本を見ながら演劇をする「セリフを覚えない演劇体験~劇的リーディング~」。

 11月は、赤ちゃんの五感に働き掛ける「赤ちゃんといっしょにげきごっこ」、演出家による1Dayレッスン「出会いのLesson!~飛び出せコミュ障~」、物語「青い鳥」をテーマに作品を作る「工作と劇で遊ぼう!」、自分の新しい身体表現を引き出す「カラダのバクハツ『ぐわん・ぎゅう・ぴー・げっ!!』」、ミュージカルの要素が詰まったワンシーンを2日間で作り上げる「2日でミュージカル!?」をそれぞれ用意する。

 料金は、1日講座は1,000円、2日間連続講座は2,000円、5日間連続講座は、ちょうふアートプラス会員1万800円、一般1万2,000円、高校生以下8,000円。申込期間は、9月分は8月5日~24日、11月分は10月5日24日(8月分は受け付け終了)。申込方法や各ワークショップのスケジュールなど詳細はホームページで確認できる。

Stay at Home