見る・遊ぶ

府中市郷土の森博物館プラネタリウムで「熟睡プラ寝たリウム」 「安眠」推奨

美しい星空を眺めながら、ゆっくりぐっすり眠れる「熟睡プラ寝たリウム」

美しい星空を眺めながら、ゆっくりぐっすり眠れる「熟睡プラ寝たリウム」

  • 115

  •  

 府中市郷土の森博物館(府中市南町6、TEL 042-368-7921)プラネタリウムは勤労感謝の日を含む3連休の11月21日・22日・23日、限定プログラム「全国一斉 熟睡プラ寝たリウム」を投映する。

 同企画は明石市立天文科学館(兵庫県)が2011(平成23)年の勤労感謝の日に始め、翌年から各地の施設で開催されるようになった。普段は眠ることなく解説を聞いたり星の動きを見たりするプラネタリウムだが、このときだけは「日頃の疲れを癒やすための空間」として、気持ちよく眠ることを推奨している。

[広告]

 同館では初めての開催で、解説員は「心置きなく眠っていただき、疲れを取ってリフレッシュしてもらいたい」という。当日は、いびきをかいても安心の「いびき席」も用意。客はお気に入りのぬいぐるみや眠りやすい枕、なじみのブランケットを持参して構わない。

 投映後は熟睡できた人に「熟睡証明書」、最後まで睡魔と闘いながら起きていられた人に「完徹証明書」を発行する。

 担当者は「当館では新型コロナウイルス対策として、検温やマスクの着用、間隔を空けての観覧などをお願いしている。どうぞ安心して、癒やしのBGMと星空で良質な眠りを楽しんで」と呼び掛けている。

 投映時間は各日15時30分~、約45分間。定員100人(予定)。プラネタリウム観覧料は、大人=600円、中学生以下=300円。特別イベントのため、各種割引・優待・回数券・減免などは利用できない。観覧券は当日9時~、本館1階ミュージアムショップ前の券売機で販売。博物館入場料が必要。一般=300円、中学生以下=150円。府中市在住の中学生以下・市内の小中学校に通っている児童や生徒は「学びのパスポート」利用で入場料のみが無料になる。4歳未満は全て無料。

  • はてなブックマークに追加