見る・遊ぶ

府中で「ちはやふる」ステッカーラリー マンホールカード配布も

このデザインを含め、全5種類の『ちはやふる』ステッカー ©末次由紀/講談社

このデザインを含め、全5種類の『ちはやふる』ステッカー ©末次由紀/講談社

  • 23

  •  

 府中市は現在、「ちはやふる」のキャラクターが描かれたステッカーを集める「ちはやふるステッカーラリー in 府中」を開催している。さらに12月17日、「ちはやふる」のマンホールカードの配布も始めた。

府中市では初となる「ちはやふる」マンホールカード ©末次由紀/講談社

 同作品は競技かるたを題材にした末次由紀さんの人気漫画で、これまでにコミックス45巻、テレビアニメ第1期~第3期、実写版映画3作を発表している。同市は、主人公の綾瀬千早と幼なじみの真島太一が暮らす町のモデルとして作中にも市内各所の風景が登場する。

[広告]

 配布するステッカーは5種類で、作者の描き下ろしキャラクターに府中ならではのモチーフがあしらわれている。配布場所は、府中市美術館・片町文化センター・フォ-リス・観光情報センター・郷土の森観光物産館。ステッカーは各施設1種類で、配布は1人1枚。好評につき品切れの場所があり準備でき次第、配布を再開する予定。ラリーは1月31日まで開催するが、在庫が尽きると終了する可能性もある。参加無料。

 観光情報センターでは、「ちはやふる」の「マンホールカード」も配布する。同作品のデザインマンホールふたは2020年3月、市内7カ所に設置された。今回配布するカードには、片町文化センターに設置・展示されているマンホールふたの情報が載っている。同センターは幼い主人公がかるたと出会う原点とも言える場所のモデルで、ふたのデザインも小学生時代の千早・太一・新の3人が描かれている。

 マンホールカードは、「ご当地マンホールカード」とも呼ばれ、名刺サイズの表面にマンホールふたの写真と設置場所の座標、裏面にデザインの由来などが記載されている。全国のカードをコレクションするファンもいる。配布は1人1枚、カードがなくなり次第終了。事前予約や郵送は行わない。在庫状況は同市ホームページで確認できる。

 市担当者は「『ちはやふる』ゆかりの場所や施設を巡りながら、ステッカーやカードを集めて楽しんでほしい。訪ねるときは、各施設の開館時間や休館日を確認して」と呼び掛けている。