学ぶ・知る

調布で飲食店のCO2濃度をネット配信する実証実験 参加店募集

開発者の1人、電気通信大学 石垣陽特任准教授。CO2センサーとCO2濃度の数値を表示するホームページ上のマップ

開発者の1人、電気通信大学 石垣陽特任准教授。CO2センサーとCO2濃度の数値を表示するホームページ上のマップ

  • 13

  •  

 調布にある電気通信大学の研究チームが3月22日、飲食店に設置した測定器で計測したCO2濃度をリアルタイムでネット配信する実証実験を始めた。現在、参加店を募集している。

調布駅近隣の飲食店のCO2濃度をリアルタイム配信する実証実験中のホームページ画面

[広告]

 同大横川慎二教授や石垣陽特任准教授、東京大学能城智也教授のチームが開発し、アンビエントデーター(東京都世田谷区)がシステム運用する同測定器。新型コロナウイルス感染予防として推奨されている換気の状態をCO2濃度によって測定し、ネットを通じてリアルタイムに数値を収集するもので、昨年は多くのメディアで取り上げられた。この度、この数値をホームページで掲載する仕組みが整ったことで新たに参加店を募集することになった。

 ホームページのマップ上に掲載されるのは換気が良好である基準とされるCO2濃度1000ppm以下の店だけで、数値はメールで店舗責任者にも定期的に送信される仕組みも備える。掲載された店のアイコンからは、調布の店情報などを掲載する「ちょうふどっとこむ」へのリンクが貼られる。

 石垣さんは「適切な換気対策を行っている店のPRにつながり、調布の飲食店は空気がおいしいと認知してもらえれば」と話す。

 現在、本実証実験に参加する事業者を募集している。対象となるのは調布駅近隣にある5商店街(調布銀座商栄会協同組合、小島商栄会、天神通り商店会、上布田商栄会、調布中央商店会)から成る「調布駅前商店街」に加盟する飲食店で、先着10店舗。参加無料で、測定器は無料貸与する。店内に無線LANと電源が必要。申し込みは調布駅前商店街ホームページにあるフォームで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース