食べる

仙川駅前に北海道食材カフェ-「体に優しい料理」「癒やしの空間」をコンセプトに

スタッフ・永野睦美さんのオススメ「ブルーベリーのシフォンケーキ」。クリームチーズが入ってしっとり

スタッフ・永野睦美さんのオススメ「ブルーベリーのシフォンケーキ」。クリームチーズが入ってしっとり

  •  
  •  

 仙川駅前に誕生したカワタケオークビルの2階・3階に6月3日、北海道食材を使う新コンセプトカフェ「Yuu Yoo CAFE仙川」(調布市仙川町1、TEL 03-6909-0152)がオープンした。席数はテラスを含めて85席。駅に面して総ガラス張りの店舗で、吹き抜けを配した、ゆったりとした店内の様子が外からもうかがえ、道行く人の注目を集めている。

Yuu Yoo CAFEの店内の様子(関連画像)

 経営は、「セレブ・デ・トマト」などを展開する「フード・バリュー」(港区)。同社社長の市川洋一さんが以前調布に住んでいたことが縁で、同ビル開発当初から出店交渉を開始。「街の誇りになるような店を」という同ビルオーナーの思いに共感し新業態の開発を決めた。

[広告]

 店名の「Yuu Yoo」は日本語の「悠揚」を意味し、ゆったりとしている様子を表したもの。「北海道の食材」、野菜と玄米を生かした「体に優しい料理」と「癒やしの空間」を店のコンセプトにした。

 食材は、大粒の形を残したブルーベリージャムや特定農家の銘柄米「ななつぼし」など、生産者の顔を見ながら一つひとつ吟味。メニューは、オーガニックコーヒーや紅茶のほか、北海道の牛乳やフルーツジュース、スムージーなどのドリンク類、パンケーキ、シフォンケーキ、アイスクリーム、プディングなどのスイーツを用意。食事メニューにも力を入れ、玄米ごはんのカレーやドリア、魚のムニエル、ハンバーグ、パスタ、サラダなど約30種をそろえた。玄米は子どもにも親しみやすいように、いったん粥状にしてパンやパスタ、パンケーキ、スープなどに取り入れる。アラカルト400円~、ランチ750円~。

 村松直幸店長は「おむつ替えスペースや子ども用の椅子も用意した。お子さまにも食べやすく、安心して口にできるメニュー。ベビーカーの方は、スタッフが階段下まで迎えに行く」と話す。「コミュニティーの場として、大学生・主婦などの集まりや活動発表の場として利用してほしい。自由な発想で使い方の提案をいただけたら」とも。

 営業時間は8時~22時(ラストオーダー)。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019