見る・遊ぶ

シアタス調布で聴覚障がい者向け「スマートグラス」 映画「万引き家族」など2作品対応

字幕対応の眼鏡型端末機「スマートグラス」を着用する様子

字幕対応の眼鏡型端末機「スマートグラス」を着用する様子

  •  

 調布のシネマコンプレックス「イオンシネマ シアタス調布」(調布市小島町2)が5月25日から、聴覚障がい者向けの「スマートグラス」の無償貸し出しサービスを試行実施している。

字幕対応の眼鏡型端末機・MOVERIO「BT-350」

 「スマートグラス」は劇場での字幕ガイドや博物館、美術館での映像、音声ガイドなど、さまざまな分野で活用可能な字幕対応の眼鏡型端末機・MOVERIO「BT-350」で、小型軽量の商用モデル。聴覚障がい者向けのバリアフリー映画上映のため、同映画館で7月12日(予定)まで試行され、本格的な導入を検討していく。

[広告]

 上映映画は、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督の「万引き家族」と瀬々敬久監督の「友罪」の2作品。視覚障がい者音声ガイド、聴覚障がい者用日本語字幕対応作品で、軽度の聴覚障がい者用のヘッドホン型補聴器具「ヒアリングエイド」も無償貸与する。

 貸出台数は5台で、利用希望日前日の22時までに申し込みが必要。