食べる

調布・柴崎に手羽先メインの居酒屋 7種類の味、テークアウトも

「手羽だるま」看板メニューの手羽先 にんにくしょうゆのオリジナル味

「手羽だるま」看板メニューの手羽先 にんにくしょうゆのオリジナル味

  •  

 手羽先が看板メニューの居酒屋「手羽だるま柴崎店」(調布市菊野台1、TEL042-444-2816)が11月12日、調布市柴崎駅すぐにオープンした。

「手羽だるま柴崎店」店長の斉藤翔さん(左)とスタッフのみらんさん(右)

 同店オープン前に営業していた海鮮居酒屋「浜焼太郎」を運営するフードナビ(渋谷区)が手掛ける系列店で、大手飲食企業で10年以上の店舗運営経験を持つ斉藤翔(しょう)さんが店長を務める。手羽先を看板メニューに据える。店舗には開運や福を呼び込むとされる「だるま」があちらこちらに手書きで描かれている。面積は約15坪、テーブルとカウンター合わせて25席を用意。

[広告]

 看板の鶏肉は冷凍を使わず、生の国産を独自ルートで仕入れて店内で仕込み、にんにくしょうゆ味のオリジナル、プレーン、ゆずうま塩、さっぱりごま、うま味噌(みそ)、カレー醤油(しょうゆ)、チリマヨ、激辛HOTの7種類の味の手羽先(5本=420円)を用意した。メニューはほかに、「チャンジャ」(300円)、「サーモン刺し」(600円)、「肉汁蒸しシュウマイ(四つ)」(580円)、「ミックスホルモン焼」(580円)、「肉みそTKG」(450円))などを用意し、手羽先をはじめ、多くのメニューのテークアウトにも対応する。

 飲み物は、「生ビール」(400円)、「黒霧島」(350円)、「梅酒」(400円)などのほか、「強炭酸ビームハイボール」「強炭酸赤玉パンチ」「強炭酸レモンサワー」など強炭酸シリーズを用意し、容量3倍1リットルの「特大巨人サイズ」ジョッキも用意する(価格は全て税別)。

 斉藤さんは「駅すぐという立地から、仕事帰りのお一人や少人数での夕食や、テークアウトで利用いただくことが多い。そのようなお客さまが使いやすいメニューを増やして、気軽にふらっと立ち寄りやすく、居心地のよい店にしていきたい」と話す。

 営業時間は17時~24時。