食べる

調布・天神通りに居酒屋新店 博多屋台村の本場「再現」、京王沿線初出店

店長の濱月大地さん、のれん・ちょうちん・看板など屋台の雰囲気を感じる店内で

店長の濱月大地さん、のれん・ちょうちん・看板など屋台の雰囲気を感じる店内で

  •  
  •  

 九州博多の屋台村を再現した居酒屋「屋台屋 博多劇場 調布店」(調布市布田1、TEL 042-444-3456)が4月12日、調布駅近くの天神通りにオープンした。

看板メニュー「鉄鍋餃子」(2人前)と「角ハイボール」

 飲食事業を手掛ける一家ダイニングプロジェクト(港区)が、「博多中州の屋台村」をコンセプトに運営する同店。関東圏に42店舗、スマホアプリの会員数は30万人を超えているという。京王沿線は初出店で、調布は「駅周辺が再開発され人口も増えているなど、今後の発展が期待できるエリア」と担当者。

[広告]

 「安くてうまい屋台飯」に、のれん・ちょうちんなどを使った内装など、食事から空間、接客に至るまで博多屋台村の雰囲気を演出。メインターゲットであるサラリーマンに加え、調布店は家族連れなどが利用しやすい掘りごたつの半個室も完備して、ファミリー層にもアピールする。店舗面積は約30坪、席数はテーブル34席、カウンター12席、小上がり22席の合計68席。

 看板メニューは、毎日店で手包みする「鉄鍋餃子(6個)」(290円)。このほか博多串焼き、もつ鍋、めんたいこなど博多屋台の名物料理を取りそろえる。メニューは、「和牛もつ鍋」(980円~)、「おでん盛り合わせ」(480円)、女性に人気の「炙(あぶ)り明太子のポテトサラダ」(450円)、「特選馬刺し」(730円)、「博多串焼き盛り合わせ(5本)」(680円)など。

 ドリンクは、「角ハイボール」(290円)、「自家製塩レモンサワー」、通称マッパイの「抹茶ハイ」(以上380円)などのほか、本場九州の焼酎(380円)を提供する(価格は全て税別)。

 調布南高校出身の店長・濱月大地さんは「仕事終わりのビジネスパーソンはもちろん、ファミリーやシニア層、学生さんまで幅広くお越しいただければ。地域一番店を目指すと同時に、周辺のお店と協力して『天神通り』を盛り上げていきたい」と話す。

 営業時間は16時~24時。

  • はてなブックマークに追加