3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

調布・つつじヶ丘の企業がチーズ調味料を開発 チーズティーなどにアレンジ

チーズドリンク調味料「Chee-Dree(チードリー)」と「クロロッポ」で提供する「チーズティー」

チーズドリンク調味料「Chee-Dree(チードリー)」と「クロロッポ」で提供する「チーズティー」

  •  
  •  

 調布市つつじヶ丘駅近くの食品販売企業「くりーむハウス」(三鷹市中原1、TEL 03-6882-5635)がチーズドリンクを手軽に作れる新しい調味料「Chee-Dree(チードリー)」を開発し、2月28日よりネット販売を開始した。

「くりーむハウス」代表でチーズドリンク調味料「Chee-Dree(チードリー)」を開発した押田亜紀さん クロロッポの店内で

 栄養士の資格を持ち、食品関係の企業に勤務後、栄養のバランスを意識した手作り料理を提供する店「カフェダイニング クロロッポ」を2013(平成25)年6月にオープンした押田亜紀さんは、世の中に求められている新たな味を常に考え同店を営んできた。近年若い女性を中心にチーズダッカルビやラクレットチーズなどチーズの新たな食べ方が人気となり、メーカーや飲食店などもチーズを使った新たな商品展開を模索していることに注目。同店でワインとチーズのセミナーなども開催していたことから、チーズを使った新しい商品の提案をすべく、1年ほど前に開発に着手した。

[広告]

 冷えると固まってしまうチーズの特性に試行錯誤する中、発酵食品であるワインとチーズには同じうま味があることを発見し、ワインから抽出したうま味成分をベースに、天然の色素と香料を加えることで、チーズの味、色、香りを再現することに成功。蜂蜜で甘さを加え、最近ヒットが予想されているチーズドリンクなどを作る濃縮還元タイプの調味料「Chee-Dree(チードリー)」(500グラム=2,592円)を完成させた。

 同商品はクリームチーズと合わせたり、生クリームに加えてケーキ用チーズホイップにしたりと、ドリンクだけでなく汎用性のある商品であることから、まずは飲食業界に広めたいと業務用として販売をすることにし、昨年11月に新たに会社を起業。今年2月に食品の見本市「グルメ&ダイニングスタイルショー」(江東区)に出展し、試飲提供が間に合わないほど、多くのバイヤーなどが訪れた。商品は2月28日にネット販売を始め、3月4日からはアイスティーと併せた「チーズティー」(580円)の提供を同店で開始した。

 押田さんは「このつつじヶ丘の街から流行を発信していきたい。クロロッポでの販売もしているので、多くのお客さまに新しい味を試していただけたら」と話す。

 クロロッポの営業時間は11時30分~20時。日曜~火曜・木曜定休。

Stay at Home