3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

調布のご当地キャラ・柴崎さきちゃん8歳に 国内外からお祝いメッセージ

調布のご当地キャラクター「柴崎さき」ちゃん

調布のご当地キャラクター「柴崎さき」ちゃん

  • 86

  •  

 調布市のご当地キャラクター「柴崎さき」ちゃんが3月25日、8歳の誕生日を迎えた。

調布のご当地キャラクター「柴崎さき」ちゃん 昨年のバースデーパーティーイベントで仲間と記念撮影

 全国的にゆるキャラやご当地キャラクターが盛り上がりを見せていた2012(平成24)年、当時調布には公式キャラクターなどがなかったことから、地元にもキャラクターがあったらと、キャラクターグリーティングサークル「グリーティングin多摩(ぐりたま)」が生み出した柴崎さきちゃん。布多天神社の狛犬をモチーフに、妖怪の街ならではの天使の羽のような巻き毛をまとわせ、同市の花であるサルスベリや横断する京王線のカラーからピンクをと白を基調に、街の守護獣や縁起物という意味も込め、優しい語り口調のキャラクターとして誕生した。

[広告]

 誕生して1年後、初めて市内のイベントに地元のご当地キャラクターとして登場。市内だけでなく全国各地のイベントなどでさまざまなキャラクターと交流しながら同市のPRなども行い、2013(平成25)年の「ゆるキャラグランプリ」では東京都のご当地キャラクター4位となった。全国各地や海外からも会いにくるファンもでき、誕生当初から始めたツイッターのフォロワー数は現在5000人以上。イラストや手作りのプレゼントなどをもらうこともあり、「いろいろな方に愛され支えてもらった8年だった」とぐりたま担当者は振り返る。

 2歳の誕生日からは、同市観光協会協力の下、毎年「京王フローラルガーデンアンジェ」でバースデーパーティーイベントを実施してきたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のためイベントを中止。ツイッターには国内外から多くのお祝いメッセージが寄せられた。

 最近は他のキャラクターの先輩と位置付けられることも増え、「見本となるような立ち振る舞いと優しい気持ちを持ち続けてもらいたい」とぐりたま担当者は言い、まだキャラクターにあまり関心がない人にも興味を持ってもらいたいと、ダンスなども取り入れて活躍の幅の拡大を目指している。

 柴崎さきちゃんは「ちょっと変わった調布の住民その1くらいに、気軽に交流してもらえたらうれしいですよう」といつもの笑顔を見せる。

Stay at Home