見る・遊ぶ

府中の大國魂神社で「くり祭」 風情ある行灯がともる秋季祭

行灯がともる幽玄な風情の「秋季祭くり祭」

行灯がともる幽玄な風情の「秋季祭くり祭」

  •  

 東京・府中の大國魂神社(おおくにたまじんじゃ、府中市宮町3、TEL 042-362-2130)で9月27日(宵祭り)・28日(本祭り)、「秋季祭くり祭」が行われる。

「くり祭」の名前の由来でもある、境内に並んだ栗の露店

 同神社の秋季祭の起源は1738(元文2)年9月28日の武蔵総社六所宮(むさしそうじゃろくしょぐう)太々神楽(だいだいかぐら)創立にさかのぼり、一時中断したが再興され、毎年同じ日に開催されている。神楽殿で伝統的な舞や笛などが奉じられ(28日15時~・17時~・19時~)、狂言も披露される(27日18時~)。けやき並木など神社周辺では府中囃子(ばやし)保存会による山車が巡行する。

[広告]

 1925(大正14)年から太々神楽講員があんどんを奉納するようになり、現在は府中市文化団体連絡協議会会員の奉納画の行灯約260本が並ぶ(提出は9時~21時ごろ、点灯は17時頃~21時ごろ、雨天の場合は順延あり)。秋の夕暮れの中ともる行灯は幽玄な風情が、夏祭りのにぎわいとは違う味わいがあるとして参拝者に好まれている。

 「くり祭」の名称は、栗の収穫時期と太々神楽の時期が重なり境内に栗を売る露店が多く並ぶことから呼ばれ始めた。もともと武蔵野の大地は栗の発育に適しており、昔から保存食としてもなじみ深い食糧だった。江戸時代には徳川家に上質な栗が献納され、現在も季節の味を求めて参拝記念に栗を買う客が多い。

調布経済新聞VOTE

開業1周年!シネコン「シアタス調布」であなたは映画を観ましたか?