食べる

調布にナポリピッツアとスペイン郷土料理店 駅南側の広場に飲食2店舗

マリオ・アクント社製の石窯を使った「PIZZARIA NAPOLETANA CANTERA」のナポリピッツア

マリオ・アクント社製の石窯を使った「PIZZARIA NAPOLETANA CANTERA」のナポリピッツア

  •  

 MOTHERS(武蔵野市)が運営する「PIZZARIA NAPOLETANA CANTERA(ピッツェリア ナポレターナ カンテラ)」と「PEP Spanish bar(ペップ スパニッシュ バル)」が3月1日、ビックカメラ京王調布店の南側、駅広場に隣接するトリエ京王調布サウスゲートビル(調布市小島町2)にオープンした。

「PEP Spanish bar」のパエリア

 「PIZZARIA NAPOLETANA CANT」は、同系列店が立川、原宿に続く3店舗目の出店。ナポリで100年以上の歴史があるマリオ・アクント社製の石窯を使ったナポリピッツアを提供する。メニューは、ピッツア各種(930円~)や「22か月熟成のプロシュートづくし(45グラム)」(1,250円)などを用意する。

[広告]

 「PEP Spanish bar」は、吉祥寺、新宿に続く3店舗目の出店。トラディショナルとモダンをミックスしたスパニッシュバルをコンセプトに、スペイン郷土料理を中心にしたメニューを提供する。メニューは、「ピンチョス」(220円~)やパエリア各種(1人前=980円、2人前=1,450円)などを用意する。

 営業時間は、平日=11時~15時、17時~23時、土曜=11時~23時、日曜・祝日=11時~22時。