食べる

調布・布田のカフェが2周年 色とりどりのメニュー、テークアウト専門店に

「KIKIMARU(キキマール)」の色とりどりのテークアウトカレーと副菜

「KIKIMARU(キキマール)」の色とりどりのテークアウトカレーと副菜

  • 46

  •  

 調布市布田駅近くのカフェ「KIKIMARU(キキマール)」(調布市布田6、TEL 042-452-8777)が11月27日、創業2周年を迎えた。

「KIKIMARU(キキマール)」店主の佐々木直美さん 白く塗り替えたエントランスで

 大手飲食店などで調理や販売の経験を積んできた佐々木直美さんが、くつろいでリフレッシュする時間を過ごしてもらえるカフェを目指し、2018(平成30)年にオープンした同店。信頼する料理人のレシピを再現したカレーやスープなど旬の野菜をたっぷり使った食事やスイーツを手作りし、仕入れ先である地元農家の採れたて野菜なども小売販売。店内には生花を飾り、地元の作家のリースやアクセサリー作品などもディスプレー販売してワークショップイベントを開催するなど、「癒やしのカフェ空間」を実現してきた。

[広告]

 コロナ禍では店内での飲食を休止し、テークアウトのみの営業を開始。当初5種類程度のカレーを用意していたが、客が食べ飽きないようにと少しずつメニューを増やし、甘口から辛口まで、欧風・タイ・インドなどバラエティーに富んだ10種類程度に拡大。サラダやおつまみなどサイドメニューの提供も開始し、リモートワーカーなど多くの客から好評を得た。

 メニューを増やしたことで連日調理に追われる多忙な日々が続き、今後コロナ禍が終息したとしても、テークアウトと店内営業との両立は難しいと考え、テークアウト専門に転換することを決意。一時休業して設備を整備し、エントランスを白く塗り替え、心機一転、今年6月からテークアウト専門カフェとして再出発した。

 メニューは季節や仕入れによって変え、「バターチキンカレー」「グリーンカレー」など定番カレーや、「パクチーキーマカレー」「豚バラ肉のビンダルーカレー」など変わり種カレー(各500円)のほか、日によって玄米ナシゴレン弁当(450円)などを用意。「キャロットラペ」「大豆の香味マリネ」(以上180円)、「砂肝のやわらか煮」(200円)、「和風ポトフ」(380円)など、色とりどりの副菜も取りそろえる。

 佐々木さんは「日々試行錯誤しているが、お客さまの声を聞きながら看板メニューを作って行きたい。2周年の特別なイベントはないが、11月29日にはリースを中心とした小さなクリスマスマーケットを開催するのでお立ち寄りいただけたら」と話す。

 営業時間は12時~20時。日曜・月曜定休。