見る・遊ぶ 暮らす・働く

調布・国領駅列車接近メロディーが「西部警察」「太陽にほえろ!」に 展示会や記念乗車券も

©石原プロモーション2020

©石原プロモーション2020

  • 334

  •  

 京王線国領駅で2月20日の始発から、列車接近メロディーに「西部警察」と「太陽にほえろ!」のテーマ曲が導入される。

「石原プロモーション展『ありがとう!石原プロモーション~ありがとう、石原軍団~』」©石原プロモーション2020

 1番線ホーム(下り)のメロディーは、「太陽にほえろ!のテーマ」、2番線(上り)は「西部警察メインテーマ」を採用し、列車接近時の案内放送の前段に5秒程度流す。

[広告]

 調布市を拠点に長年、数々のテレビドラマや映画の製作を手掛けた石原プロモーションは、今年1月16日に惜しまれながら幕を閉じた。国領駅は石原プロモーションがかつて事務所を構えた最寄り駅だったことから、名作ドラマを彩った楽曲が採用された。

 2月20日からは、同市文化会館たづくり(調布市小島町2)で「石原プロモーション展『ありがとう!石原プロモーション~ありがとう、石原軍団~』」を開催。ドラマで使用した小道具のほか、舘ひろしさんが乗ったバイク・通称「ブラック・カタナ」や当時の衣装を展示する。感染拡大防止対策として、事前予約制で、30分ごとの完全入替え制。期間は28日まで。

 同市観光協会の山田さんは「石原プロモーションには,長きにわたり『映画のまち調布』の推進に多大なるご支援をいただいた。皆さまもぜひ足を運んでいただき、楽曲や展示を楽しんでほしい」と話す。

 さらに、京王電鉄は「ありがとう石原軍団記念乗車券」を発売。D型硬券一日乗車券と片道乗車券3枚を1セットとし、石原プロモーションの年表や石原裕次郎さんをはじめとする俳優陣が描かれた専用台紙に封入する。販売は限定2000セットで、価格は1,500円。一日乗車券は利用開始当日に限り、京王線と井の頭線全線を何度でも乗り降り可能となる。有効期限は7月31日。