多摩信金の地域情報誌で「調布特集」-市民記者21人も編集参加

完成披露会での集合写真

完成披露会での集合写真

  •  

 多摩信用金庫が企画する多摩地域の隔月刊地域情報誌「多摩ら・び」6月15日発行号で、「調布市」が特集されている。

 調布特集では、5つに分けた地域情報や店舗情報、各種団体や企業、カルチャー紹介や数字で表した同市の様子、歴史などさまざまな角度から取り上げている。「市民参加型企画」として市民21人が約30ページの取材・執筆を担当した。

[広告]

 市民リポーターとして参加した大矢理恵さんは「子連れで取材をさせてもらったが、温かく迎えてくれ、取材を通じて調布の良さを感じることができた。夫の転勤で調布を離れる予定だが、市民リポーターを務めたことで、調布で良い経験と思い出ができうれしい」と話す。

 年6回発行の同誌は、多摩らいふ倶楽部が発行、けやき出版が編集を担当している。全70ページで、24,000部を発行する。価格は500円。