天気予報

27

17

みん経トピックス

仙川の美容室が復興支援せんがわ劇場がキャスト募集

調布市がツイッター開始-当面は災害関連とイベント情報を発信

  • 0
調布市がツイッター開始-当面は災害関連とイベント情報を発信

調布市がツイッターを開始。災害関連情報とイベント情報を発信。写真は調布市広報課の皆さま

写真を拡大 地図を拡大

 調布市が8月15日、ツイッターを始めた。アカウント名は「chofu_shi」。当面は、災害関連情報と調布市が主催・後援などをするイベント情報のみを発信する。

 調布市によると、調布市近隣では多くの自治体で、震災後のアクセスの集中などでホームページが閲覧しづらい状況が生じ、代わりの情報発信ツールとして既にツイッターを始めている。調布市では震災直後や計画停電の際にもホームページは通常通り閲覧でき、防災行政無線や調布FM、安全安心メールなどで、ある程度の情報発信ができたが、今回の震災でツイッターが有効な情報発信手段であることを認識したのに加え、今後の不測の事態を考慮し導入を決めた。若い世代にも情報を届けたいという狙いもある。

 同市広報課係長の内野夏子さんは「調布市では災害関連情報だけでなく、イベント情報も発信する。ツイッターを通してより多くの情報を皆さまにお届けし、住みよい、暮らしやすい調布のまちづくりの一助となれば」と話す。

 ツイッターの返信には回答していないので、質問や要望は従来通りメールでの対応となる。             

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 狛江の喜多見駅近くの住宅街にあるビアバー「BEER CELLAR TOKYO」(ビアセラートウキョウ)」(狛江市和泉本町1、TEL 03-5761-7130)が、併設するビール醸造場で造った自家製クラフトビールの販売を始めて1カ月がたった。写真は、「BEER CELLAR TOKYO」外観の様子
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング