天気予報

25

19

みん経トピックス

調布グリーンホールでイルミ調布でも積雪10センチ以上

調布・神代植物公園で葉のないラン「無葉蘭」初開花 栽培開始4年目で

調布・神代植物公園で葉のないラン「無葉蘭」初開花 栽培開始4年目で

栽培開始4年目で初開花した神代植物公園の「デンドロフィラクス・フナリス」

写真を拡大 地図を拡大

 調布の神代植物公園で1月9日、ラン科の「デンドロフィラクス・フナリス」が開花した。

 同花は、キューバからジャマイカにかけて分布している種。植物全体が根で、葉を持たないという特徴を持つ「無葉蘭(ラン)」と呼ばれる。根の内部に含まれる葉緑素で光合成を行い、根が本来の葉の役割を併せ持っている。

 開花した花弁は黄緑色で、リップと呼ばれる花の中央部分は白色、高さは5センチメートル。同園では栽培開始4年目で、初開花となる。開花期間は約3週間という。

 同園の山丸さんは「初開花に職員一同喜んでいる。かわいらしい花とタコ足のような根のギャップが楽しく、目を引きつける。ぜひ多くの方に貴重な開花の様子を見ていただきたい」と話す。

 開園時間は9時30分~17時(入園は16時まで)。月曜(祝日の場合は翌日)休園。入園料は、一般=500円、65歳以上=250円、中学生=200円(都内在住・在学の場合は無料)、小学生以下無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 「よみうりランド」(稲城市矢野口、TEL 044-966-1111)内の聖地公園で6月3日から、「第8回ほたる観賞会 ほたるの宵」が行われる。写真は、よみうりランド内「聖地公園」のほたるの様子
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング