暮らす・働く

仙川にフリーペーパー「チャージ」-駅前の新ビルオープンに合わせ創刊

仙川フリーペーパー「charge」の表紙

仙川フリーペーパー「charge」の表紙

  •  

 仙川の情報を掲載するフリーペーパー「charge(チャージ)」が6月3日、発行した。

6月3日にオープンした「オークビル」(関連画像)

 「あなたを元気にするお店と人を紹介」をコンセプトに、仙川駅前や駅の東南に位置する「ブロードスクエア」などの新開発地域の店舗を中心に掲載する。カワタケ(調布市仙川町1)が発行する。

[広告]

 紙面は、仙川の店を1日で回るコース、地元で活躍している人や店長の紹介、駅前に新しくできた「オークビル」内の店舗紹介ページなどで構成し、クーポンも付く。

 発行人で、仙川の新開発地域にあるビルを所有する川原洋平さんは「まちへの愛情が形になったのがこのフリーペーパー。入居するテナントはかなりのこだわりをもって慎重に選んでいる。仙川には魅力的な店がたくさんあることを知ってもらい、仙川に多くの方に来ていただくことで楽しい街になれば」と期待を込める。

 体裁はB4サイズ、8ページ。発行部数は4万部。オークビル内の各店舗やケーキ店「セティボン?」などで配布している。