調布で子どもたちの音楽とダンスの祭典 「3年B組金八先生」出演者が指導も

調布ミュージカルぷちぷち記念公演「調布 音楽とダンスの祭典」

調布ミュージカルぷちぷち記念公演「調布 音楽とダンスの祭典」

  •  
  •  

 調布市文化会館たづくり(調布市小島町2)で9月22日、調布ミュージカルぷちぷち記念公演「調布 音楽とダンスの祭典」が開催される。

 「ぷちぷち」は、富士見児童館の親子サークル12人が2004年にグリーンホールで公演したミュージカル「ドリーミング」に出演したことをきっかけに、ミュージカルクラスとして発足。代表の長野康子さんは「3年B組金八先生セカンドシリーズ」で石川祐子役として出演するなど、数々のドラマや映画、劇団四季ミュージカル「クレージーフォーユー」「美女と野獣」などに出演した実績を持ち、現在はタップ指導を担当。演技指導は、11代市川海老蔵さんに師事する脚本家で演出家の桒原秀一さん、歌唱指導は立石恵さん、特別講師・共演に「3年B組金八先生」で加藤優役を演じた直江喜一さんが担当している。

[広告]

 同公演は「大きな夢と希望を抱く子どもたちの熱い思いを舞台に」をテーマに、7団体が出演する昼と夜の2部構成。昼の部では「ぷちぷちwith ロックホッパーズ」「鳳仙功舞踊研究所」「ダンスカンパニーDeux」「エナジーワークス」、夜の部は「C.J.J.N」「Huckleberry Friends」「スタジオルルヴェ」、昼の部に引き続き「ぷちぷち」も出演する。

 長野さんは「音楽は人々に勇気・励まし・癒やしを、ダンスは躍動・歓喜・情熱を与えてくれる。ジャンルを超えて複数の団体が一堂に会し、人と人とのつながりや絆、心の豊かさを学び、交流する機会を作りたい。キラキラ輝く子どもたちと笑顔いっぱいの大人たちをお楽しみいただきたい」と話す。

 開演時間は、昼の部=13時、夜の部=17時。チケット料金は、全席自由2,000円。メールで予約を受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home