食べる

狛江で市民主導のフェスティバル 音楽やビールフェスタ、「狛江ハイボール」販売も

昨年の狛江フェスティバルで開催されたKOMAE BEER FESTA 入り口の様子

昨年の狛江フェスティバルで開催されたKOMAE BEER FESTA 入り口の様子

  •  
  •  

 小田急線狛江駅周辺で7月30日・31日、「狛江フェスティバル2016」が開催される。

コンペで優勝した「Bar JEST.」のレシピで作られた狛江ハイボール

 地域の人々の交流を深めるため市民が企画・運営する同イベントは、2014年にスタートし、今年で3回目を迎える。今回は、「音楽の街-狛江 エコルマ企画委員会」が主催する駅前ライブイベントと駅前でレンタルスペースを運営する泉の森友の会が主催の「泉の森通り 夏祭り」の2つのイベントを、開催日時を合わせて開催する。

[広告]

 会場はKOMAE BEER FESTAを開催する狛江駅北口の緑の三角広場(狛江市元和泉1)とファミリーで楽しめる縁日屋台などを設けた「こまえファミリーガーデン」を開催する泉龍寺(同)の2カ所。

 KOMAE BEER FESTAでは全国の地ビールを数多く用意するほか、サントリーの協力を得て開発した「狛江ハイボール」も販売。「狛江ハイボール」は、狛江市の活性化のためJIM BEAMを使ったレシピを募集し、コンペで優勝した「Bar JEST.」(狛江市岩戸北1)のレシピで作られたもので、ミントと蜂蜜、レモンやオレンジのスライスを使っているという。市内飲食11店が出店する屋台を対象に「ビールに合うおつまみグランプリ」も開催。来場者に投票してもらい、31日にグランプリを発表する。

 こまえファミリーガーデンではコーヒーを楽しめるエリアを設けるほか、縁日屋台・子ども向けゲームコーナー、子ども用プールも用意。フリースペースでは、市内外で活動するダンスチームや合唱グループ、バンドなどが日々の成果を披露する。

 実行委員の宮原さんは「開催3年目という年月が物語るのは、多くの皆さまから温かいご支援、ご協力をいただき、そして会場へお越しいただく皆さまの笑顔があったからこそ。『狛江に新たな風よ吹け!』という思いを形にした狛江フェスティバルは、今年も新たな試みの下つくり上げた。狛江市内外の多くの人に来てもらいたい」と話す。

 開催時間は、KOMAE BEER FESTAは両日とも11時~21時、こまえファミリーガーデンは30日=16時~20時、31日=11時~20時。問い合わせは狛江フェスティバル実行委員(Eメール komae.festival@gmail.com)まで。

  • はてなブックマークに追加