FC東京、調布で「市民スポーツボランティア」新規会員説明会開催へ

味の素スタジアムで行われたFC東京のホーム試合で、
総合案内を行う「FC東京・市民スポーツボランティア」

味の素スタジアムで行われたFC東京のホーム試合で、 総合案内を行う「FC東京・市民スポーツボランティア」

  •  
  •  

 味の素スタジアム(調布市西町)を本拠地とするFC東京は、Jリーグ開幕を1か月後に控えた2月6日、鹿島建設技術研究所(飛田給2)で「FC東京・市民スポーツボランティア」(通称「スポボラ」)の新規会員説明会を開催する。

 「スポボラ」は同チームのホームゲーム運営をボランティアスタッフとして支える活動で、15歳以上なら誰でも参加できる(ただし中学生は3月卒業予定者)。活動内容は総合案内や座席案内、紙コップへの移し替え、試合前イベントの補助、「世界一美しいスタジアム」を目指して試合終了後のゴミ回収など。試合日以外に懇親バーベキュー大会やフットサル、アウエー観戦ツアーなどのイベントも予定する。

[広告]

 説明会で具体的な活動内容の紹介と、会員登録・活動参加申し込み方法を案内。説明会後は現会員を対象にした活動報告会も行う。いずれも事前の申し込み不要。

 担当者は「チームとともに戦い一緒に楽しむ仲間を広く募集しているので、興味のある人や入会を希望する人は参加してほしい。今年で発足10周年を迎えるスポボラで一緒に活動しよう」と呼びかけている。

 会場は鹿島建設技術研究所の2階「講堂」。開催時間は13時~14時(受け付け開始12時30分)。問い合わせは事務局(TEL 042-488-6280)まで。

  • はてなブックマークに追加