天気予報

28

16

みん経トピックス

調布で鳥取と交流イベント狛江の酒屋が地酒イベント

調布駅周辺に「ゲゲゲの」マンホール 妖怪が「人間もマナーが大事」呼び掛け

調布駅周辺に「ゲゲゲの」マンホール 妖怪が「人間もマナーが大事」呼び掛け

「ゲゲゲの鬼太郎」マンホールふたを眺める子どもたち

写真を拡大 地図を拡大

 調布駅北口周辺に3月16日、「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターが描かれたマンホールふたが設置された。

「ゲゲゲの鬼太郎」マンホールふた「危ないなぁ 自転車押して歩こうよ」

 駅前の放置自転車や歩きタバコなどが問題になっている調布市が、昨年11月に亡くなった水木しげるさんの代表作品「ゲゲゲの鬼太郎」をモチーフに、調布駅周辺のマナー向上や、同市のPRにもつなげるために設置した同マンホール。

 ふたのデザインは、鬼太郎、目玉おやじ、ぬりかべ、ねずみ男、ネコ娘、砂かけ婆の6種類。それぞれ、「妖怪も人間もマナーが大事じゃよ」「歩きタバコはダメよ!」「自転車を放置するヤツはだれじゃ!」などのメッセージを添える。

 マンホールを眺めていた市内在住の女性は「水木さんが今も妖怪たちと生きているようで、ゲゲゲの街が華やかになった気がする。天国でお散歩しながら喜んでいるのでは」と話し、写真を撮っていた。

 設置場所は、同駅北口から甲州街道まで南北に延びる全長約300メートルの歩道。さらに同駅南口には、「映画のまち調布」PRマンホール4種類も角川大映スタジオと日活調布撮影所の協力で設置する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 調布市文化会館たづくり「くすのきホール」(調布市小島町2)で6月2日、桐朋学園大学の学生による音楽団体「MECP」が9.11テロを題材とする公演「WTC 9/11」を行う。画像は、6月2日に公演する「Music Explorer Ensemble Concert #21 SP」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング